お問い合わせ緊急相談窓口

ソリューション

働き方改革
コンサルティング
企業防衛
コンサルティング
人材開発
コンサルティング

働き方改革コンサルティング

kaikaku2

自社をブラック企業にしない・させないためのアドバイスと、改善提案をおこないます。
現状の課題分析を基に、理想に近づくための戦略立案、そのために必要な改善策策定、具体的な制度設計と改善、運営方針策定、実施後の定期的なフォローまで一貫して提供致します。
全社的な改革推進のほか、部署単位での改善サポートや人材採用~定着に至るまでの部分的なニーズにも対応致します。

働き方改革の必要性

「長時間労働」と「従業員の頑張り」に頼った働き方では、今後の企業経営は立ち行かなくなります。
働く人の価値観は多様化し、育児や介護などの事情を抱えた労働時間に制約のある従業員はこれからも増え続けるため、「長時間労働できる人材しか生き残れない」組織のままでは、優良な人材を確保できなくなり、地域社会からも応援されない会社となってしまいます。

長時間労働や無理な目標設定から脱却し、誰もが短時間で成果を出せるように働き方改革をおこなうメリットは、残業削減や社員の離職を防ぐことにとどまりません。様々な立場の社員を登用するからこそ、多様化した市場のニーズに適合した商品・サービスの開発も可能になるのです。

コンサルティングの流れ

    • (1)調査:アンケートやヒアリングを通じて、取組み内容を策定するための「現状把握」
    • (2)導入:研修を通じて意識改革をおこない、働き方を変革する上で必要な制度整備などの「基礎固め」
    • (3)実行:働き方の見直しと改善を実際に進めていく「組織変革」
    • (4)定着:成果の出た手法を仕組み化・制度化し、自走する組織へと定着を進める「自己変革」
    • (5)拡散:一連の改革や取組みを敷衍して成功事例を設け、世に広く変革を知らしめる「積極広報」

コンサルティングメニュー

    • 現状把握:組織体制、仕事の進め方に関して、組織診断や従業員ヒアリング情報を基に現状確認し、
      課題抽出をおこないます
    • 基礎固め:組織ビジョンや実情に即した改善策を立案し、改革実行に向けた意識改革と周知を進めていきます。
      具体的には、社内で講演や研修を実施して必要性を伝え、既存の制度を見直したり、新たに施策を
      打ち立てたりしていくことで、働き方改革のための会社としての支援体制を整えていきます。
      同時に、助成金や公的認証申請など周辺のサポートもおこないます
    • 組織変革:まずは小規模なプロジェクトチームを組成し、実験的に取組を進めていきます。
      実際の業務をウォッチしながら分析をおこない、必要業務の洗い出しとムダの可視化、業務見直しツール
      の提供など、実務面の改善を伴走しながらサポートしていきます
    • 自己変革:プロジェクトチームの成果を基に、改革・改善プログラムを社内に横展開しつつ、
      改善実施のフォローをおこなっていきます。必要に応じて、制度面の拡充、ファシリティの見直し、
      社内における改革主導者の養成などを実施し、定着まで支援していきます
    • 積極広報:一連の改革実施と定着に至るアクションを仕組み化、パターン化。全社的な取組成功事例を
      積極的に情報発信し、会社に対するポジティブな評判(レピュテーション)を形成させます

企業防衛コンサルティング

bouei2

悪意をもった取引企業や個人(従業員を含む)から被害を受けないようにするための内部体制と、被害を最小限に留めるための危機管理体制を構築するためのアドバイス、および実務支援をおこないます。

企業向けには、取引企業による契約違反、コンプライアンス違反、不当要求、恫喝訴訟などの違法行為に対処致します。
特に、契約書類に捺印済等の法律論では対処が難しい案件に対し、規制当局や司法当局、証拠調査専門家、有力弁護士、探偵、マスメディア等と協働しながら解決に導くことを得意とします。

個人向けには、ブラック企業や悪意ある経営者から被害を受けた個人の内部告発、法的対処のサポートにも対応致します。

企業防衛・被害救済の必要性

悪意を持った企業や従業員による違法行為は数多く発生しているにも関わらず、その多くは事件化も報道もされず、被害者は泣き寝入りを強いられています。

その理由は、そもそも「リスクに対する認識がない」こと、「一般的に対処方法が知られていない」こと、また「契約書面が揃っている限り、弁護士でも解決が難しい」こと、そして「知名度のない企業の場合、報道さえされない」こと… などが挙げられます。

問題が起きてから慌てたり後悔したりすることのないよう、まず悪意のある企業・従業員と取引できないようにしてリスクを未然に防ぐ仕組みと、問題を迅速に解決できるシステムが整っている必要があります。取組を進め、「この会社を相手にするのは分が悪い…」と加害者に強く認識させることができれば、永続的にリスク回避できる組織となることができます。

コンサルティングの流れ

    • (1)調査:現在直面している被害状況と、内部体制についてヒアリング。証拠情報についても確保します
    • (2)立案:状況に応じて、効果的な対応策を企画・立案・検討します
    • (3)実行:法的対処、監督省庁への告発、報道などの手段を用い、問題行為を止めさせます

トラブル・紛争解決パッケージ

悪意ある取引先や従業員、顧客を原因とする各種トラブル(対価不払、債務不履行、契約・信義違反、労務問題、乗っ取り、模倣・剽窃、恫喝被害、悪質クレーム、その他不法行為)に対して適切な対抗策をとり、問題解決へと導きます。

  • 被害状況調査分析
  • 証拠保全、確保
  • 対策、解決方策策定
  • プロジェクトチーム編成、立ち上げ
  • 相手方への取材対応
  • 相手方の規制当局への情報共有、告発
  • 自社保持枠を活用した報道
  • メディア各社への情報共有、レクチャー
  • 法的対処

プロジェクトベースメニュー

    • 「第三者委員会」組成、運営
       法曹専門家、労働問題専門家、学識経験者等を人選し、組織内問題の調査と問題解決、および改革推進をサポート
    • 「産業医制度」導入、運用
       法定基準以上の制度を整えることで、労働環境に配慮した職場であるとの印象を内外に浸透させる。
       また問題社員を合法的に排除するためにも有効な手段となる
    • 「証拠調査」と「法的対処」
       取引先や問題社員の決定的な違法行為にまつわる証拠を、専門の探偵によって調査・確保し、各分野で実績を持つ
       弁護士が法的対処を進める
    • 「風評被害」「ネット中傷被害」対策
       インターネット上に出回る風評や中傷記事に対し、実績豊富な弁護士やITシステム会社によって逆SEO、
       送信防止措置依頼、削除仮処分、発信者情報開示請求等の炎上対策をおこなうとともに、
       ご依頼に応じて損害賠償請求や刑事告訴も対応

人材開発コンサルティング

kaihatsu
企業内での人材育成や適切な処遇を通して、従業員が意義を感じてモチベーション高く働ける組織をもたらします。
既存の育成、処遇方針を分析し、改善を施しつつ、適材適所を実現。必要に応じて、教育研修も直接実施致します。

一方で、問題を抱えた従業員に対する合法的な処遇方法についても、その仕組み作りからアドバイスをおこない、問題解決に至るまでのサポートを提供致します。

コンサルティングの流れ

      • (1)調査:現在組織に表出している問題と、問題を引き起こしている状況について調査します。
        社員へのインタビューやヒアリング、場合によっては現場同行なども実施しながら、問題と認識
        されていることが本質的かどうか、真の課題は何か、最も効果的な解決方法は何かを検討します
      • (2)開発:設定された課題に対して、企業理念やミッション・ビジョン、独自のDNAといった
        要素を踏まえ、解決に向けたコンセプトと実行プランを設計します。
        実行に向けては、各階層の社員に的確に伝わるようにするため、必要な段階やメッセージを精査
        してプログラム化していきます
      • (3)実施:実際にプログラムを実行し、研修、教育、サポートなど、必要な人物に必要なサポートを
        提供していきます。 また、問題が起きた際に迅速に対処できるよう、就業規則など各種規程も
        実情に即して見直し、定着させていきます

コンサルティングメニュー

      • 内部体制にまつわる現状確認、課題抽出
      • 社員インタビュー、個別ヒアリングによるサーベイ
      • 人材開発、適正処遇に関するコンセプト、プログラム立案
      • 各種研修・教育実施(対応テーマはこちらを参照)
      • 就業規則、各種社内規定見直し・改訂
      • 問題社員に対する対処規程整備と実務支援